ワードプレスサイトのGoogle検索対策(SEO)の内部対策で一番重要なポイントです(①重要なキーワードと②スニペット)の登録です。超簡単にできます。

内部SEOで重要なポイント

 

各ページ・記事に行う
①重要キーワードの登録
②スニペットの登録

 

RANKMATHプラグインは無料で導入できます。
wordpressのプラグイン管理画面からセットアップしてください。

スニペット(英語: snippet)とは、「断片」という意味で、再利用可能なソースコード、マシンコード、またはテキストの小さな領域を表すプログラミング用語である。 通常、これらはより大きなプログラミングモジュールに組み込むために正式に定義された操作ユニットである。スニペット管理は、一部のテキストエディタ、ソースコードエディタ、統合開発環境、および関連ソフトウェアの機能である。 これにより、ユーザーは日常の編集操作中に繰り返し入力する必要がなくなる[1]。

概要
スニペット管理は、繰り返し入力されるテキストのカタログ(ソースコードやボイラープレート (プログラミング)等)のコンテンツを日常的に必要とするソフトウェア開発者やその他の人に人気のテキストエディタ機能である。 コンテンツが入力されるたびにコンテンツが僅かに(またはは全く)変化しないため、多くの場合、この機能は正当化される。

テキストエディタのスニペット
この機能を含むテキストエディタは通常、カタログを管理するメカニズムを提供し、テキストエディタとオペレーティングシステムが個別のファイルを管理できるのと同じ方法で「スニペット」を分離する。 これらの基本的な管理機能には、リポジトリ、カタログ、またはデータベースへのスニペットの表示、追加、編集、削除、並べ替え、フィルタリング、グループ化、名前変更、および保存などの操作が含まれる。一部のテキストエディタは、スニペットにマクロ機能を提供し、標準テンプレートに基づいて関数プロトタイプと変数制御構造を生成できるようにする。

参照:Wikipedia

Scroll to Top